メニューを開く

エビの四川香味炒め和え麺添え

エビの四川香味炒め和え麺添え

材料

[ 材料2人分 ]
エビ…4尾
しょう油…大1
塩…適宜
サラダ油…適宜
香菜…1枝
太麺…2玉
〜下味〜
にんにく(みじん切り)…大さじ1
しょうが(みじん切り)…大さじ1
豆鼓(みじん切り)…1/2
鷹の爪(小口切り)…大さじ1
花椒…小さじ1
コリアンダー(シード)…ひとつまみ
クミン(シード)…ひとつまみ
塩、黒コショウ…ひとつまみ
胡麻油…大さじ2
〜麺ダレ〜
めんつゆ…大さじ2
オイスターソース…大さじ2
胡麻油…大さじ1
黒酢…大さじ2

作り方

  1. エビは後で食べやすいように、キッチンばさみで背中に切り込みを入れ竹串で背ワタを引き出しておく。
  2. ビニール袋にエビを入れ、下味の材料を全て入れ軽く揉み、冷蔵庫で2時間から一晩寝かせる。
  3. 中華鍋にたっぷりの油をひき、寝かしておいたエビを下味ごと入れ、焦がさないように火加減に注意しながら焼く。
  4. エビが赤くなってきたら、鍋肌に醤油をさしてジャッと言わせてから全体に絡め、器に盛り付け香菜を添え、軽く塩をする。
  5. 別の中華鍋にたっぷりお湯を沸かし、麺を茹でる。
  6. 茹であがったら、麺ダレで和えて出来上がり。

ワンポイント

炎ならではの使い勝手

炒め物にも茹で物にも底の丸い中華鍋は便利。炎ならではの使い勝手

ワイン

テラザス「アフィンカード・マルベック」

テラザス「アフィンカード・マルベック」
アルゼンチンを代表するブドウ品種「マルベック」。甘く官能的な果実味ときめ細かなタンニンが、ビリリと痺れる舌を包み込み、優しくリセットしてくれます。
参考価格4,800円(モエ・ヘネシー・ディアジオ)

一口メモ

スパイス

ビリリと痺れる香りの花椒、カレーでお馴染みのクミン、エスニックに欠かせないコリアンダー。この3つはアジア系の料理を作る際に揃えておくと便利なスパイスです。パウダーよりシード(種状)が使い勝手が良いのでお薦め。

番組風景

番組動画

前へもどる

日本海ガス
Copyright(C) NIHONKAI GAS CO.,LTD All Rights Reserved.