2018.03.15 エコ

エコな家事ワザ!part1

ライン クローバー.png


みなさんのご家庭にいつもあるものをつかって

エコ家事しちゃいましょう(*^_^*)♪

---------------------------------------------------------------------------------------

①生ゴミの処理は、、

新聞紙の上に生ゴミをのせ、きっちり包んで捨てる。



生ゴミは、しっかり水気を切ってからごみ箱に移すようにしないと、そこから雑菌が繁殖し、悪臭の原因になります。

新聞紙は吸水性が高く、生ゴミの水分を吸い取ってくれるので、悪臭対策になります。
新聞紙は折り紙の要領で小さな箱を作ってシンクのそばに置き、調理中に出るゴミや残飯、
排水バスケットにたまったゴミ(水分はよく絞っておく)を入れ、最後に重曹を振りかけて、きっちり生ゴミを包んでから、捨てましょう。
ニオイがキツイ場合は、さらにポリ袋に入れて、口を結んでからゴミ箱に入れれば、臭いません(^^)!

-------------------------------------------------------------------------

②ベランダの床の汚れを落とすのには、、

デニム生地のジーンズが活躍!




ジーンズの裾直しで余ったデニムの端切れや、はき終えたジーンズを、

そのままゴミに出してしまうのはもったいない!
捨てる前に、もうひと仕事してもらいましょう。
デニム生地は綿に比べて目が粗く、つくりが丈夫なので、ベランダや玄関などの、
泥がこびりつきやすい箇所の汚れを落とすのに最適。
使いやすい大きさにカットして、少し水を付けて、汚れた部分をゴシゴシ磨いてくださいね。
他にもシンクやお風呂など、水アカを落とすお掃除にも使えます♪

-------------------------------------------------------------------------

③包丁を研ぐのは砥石だけでなく、、

アルミホイルが活躍!


アルミホイルを2つに折り、手を切らないように気をつけながら、包丁で断ち切っていきます。
2~3回繰り返していると、包丁の切れ味が抜群に良くなりますよ♪
アルミを切ることで、刃の表面に付着していた汚れが取れ、さらにアルミの成分が付着し、
刃の欠けた部分を補ってくれるので、切れ味が良くなるんです。
同じ方法で、キッチンバサミも、アルミホイルを数回切ることで、切れ味が戻ってきますよ!

-------------------------------------------------------------------------

ぜひおためしください♪♪



ライン クローバー.png

ページの先頭へ