電気とお湯を同時につくる新しいエネルギーシステム。

エネファームはガスから取り出した水素と空気中の酸素との化学反応で発電します。発生した電気は、家庭用の交流に変換され、分電盤で電力会社の電気と一緒になって、お部屋まで届けられます。
そして、発電の際に生じた熱よってつくられた約60℃のお湯は、浴室やキッチン、床暖房などの温水暖房に活用。また、急な来客などでたくさんのお湯が必要になった時も安心。バックアップ用の熱源機がお湯切れをカバーしてくれます。

発電のエネルギーロスが少ないエネファーム
水に電気を通して、水素と酸素に分解するのが、水の電気分解。
燃料電池はこの逆の原理を使って発電します。ガスから取り出した水素と、空気中の酸素を化学反応させて、電気と水をつくりだすのです。